やごの飼育室

羽化するといいね

スマブラ ウルフ対策

ウルフ、ブラスター→

1.ジャンプ置きから空前空後◯→読みあい。距離による

2.ダッシュガード△→ ラインつまるけど不利  3.リミット×→ガード遅い、リミット減る

4.歩きジャスガ△→ミスのリスク?

5.NB◯→相討ち。リミットならバースト狙える

6.下強◯ジャンプおきより距離が短い。リスク低め?

7.俺の空?隙がでかい。展開もよくない

 

空N

1.きょうぎり◯ つよい

1.に対して...ウルフ側

  a.ジャンプ潰しに空n空前◯火力とれる

  b.引いてさしかえし横凶?

  c.対空上スマ△当たるか微妙

 d.ジャンプブラスター◯リスクリターン少なめ

 

aに対して...対空凶切り◯はずすと隙がでかい真上は無理

 

                     さしかえし△相手の後隙短すぎる

                     ガーキャンクライム△間に合ってない、ジャスガなら?

 

 

公務員の仕事

公務員になって早10ヵ月が経ちました。

そのなかで、こういう人は公務員に向いてないんじゃないかなぁという傾向を、

自身の体験に基づいてについて書かせていただきます。

 

1.個人プレーに走る人

職員一人の裁量はかなりないので、担当業務と少しでも違うと分かりません。人に聞かないといけません。逆も同様で、一年目なのにしょっちゅう聞かれます。

なので、回りの人とコミュニケーションがとれないとヤバイです。仕事になりません。

2.キッチリカッチリ仕事ができる人

役職で出された文書は、ある期間内は必ず保管すると、法律で定められています。

その為、一字一句、間違えは許されません。

パソコンで入力したものを紙にだして、何度もチェックします。

従って、大雑把な人、ミスの多い人には向きません。

3.新しいことにチャレンジしたい人

役所の仕事は社会システムの保守運用です。

なので、常にあたらしひとは向きません

公務員試験と民間企業の併願について

最近、後輩によく聞かれるので、QA形式でまとめておきます。ただこれも自分の主観によるものなので、参考程度にしてください。

 

Q1.民間企業への出願はいつからやった?

A1.5月の中頃。第一志望の試験が芳しくなかった為。

Q1-2 どういう企業があった?

A.1-2 5月 説明会はあんまり良いところはなかった気がする。やはり4月がピークか。エントリーシート提出は金融を筆頭にかなり大手も行っていた印象がある。

6月 説明会はあまり変わらないか。大手の二次募集が下旬頃行われていた。特に金融関係が多い。筆記試験が一区切りついていればここがチャンス。

7月 超大手のグループ説明会が開催されていた。夏採用が始まり、マスコミやメーカー、インフラが募集をかけていた。

これ以降は民間企業を受けていないので分かりません。

 

Q2.共倒れしなかった?

A2.しなかった。理由としては、第一志望がダメなら民間メインに回ろうと思ってたから。

公務員試験の勉強はあまりしなかった。

 

Q3.日程的にきつくなかった?

A3.公務員試験の勉強と就活を平行しなかったのでそこまできつくなかった。

2月:obの方々に就活について話を伺う。大変そうだな、と思った。

3月:解禁する。リクナビのサイトがオープンキャンパス続々とくる。が特に目も振れず勉強

4月 民間の説明会にちょっと行くだけでほぼ勉強。模試などあり、焦る。

5月 試験開始したはいいものの、筆記が芳しくないので就活を始める。ろくな企業が無くて絶望する

6月 土日は毎週試験がある。ちらほら筆記がとおり、面接もある自治体も。民間も二次募集が始まる。

7月 民間で初内定がでる。良かった。すぐに二つ目の内定もでる。

8月 役所の最終合格が決まる。複数合格したので、諸々考えてひとつに絞る。民間も辞退。

9月 残りの役所も受けるがフゴウカク

10月 内定式。終わり

 

社会って懐が広いなぁと思いました。まる

なぜ公務員試験を受けてはいけないのか

あくまで、主観的な意見です。そこそこの大学の学生視点です。いくつかの試験種で最終合格を頂いております。それを踏まえての意見です。

 

なぜ、受けてはいけないのか。理由は三つある。

 

1.勉強に大量の時間を割かれる。

地方上級、国家一般だと1000時間は勉強が必要です。1000時間ですよ!?時給1000円なら100万円溜まります。貴重な学生時代の1000時間、もっと有意義に使いましょう。

 

2.視野が極端に狭くなる。

勉強量が半端ない+就活と時期が被る+予備校の囲い混みで、「公務員以外ありえない!!!」と洗脳される人がたくさんいます。

 

3.別に社会人でも受けられる。

市役所とか七割既卒と仰しゃっておりました。好きなことやってから転職でもいいと思います。

 

以上!!!

公務員試験と民間就活

 

 

 

僕は今、公務員試験に向けて勉強をしています。

とはいったものの…なかなかモチベーション維持が難しく、毎日6~7時間ほどしか勉強しておりません…。

モチベーションが上がらない理由は二つあります。一つは民間就活との兼ね合い。もう一つは、性格的な問題です。

今回は前者について書いていこうと思います。

 

1、公務員試験と民間就活の違いとは?

 公務員試験と民間就活では求められているものが異なります。

 我が国の公務員は資格任用制という制度もと職員を選別、採用しています。これは簡単に言えば、能力主義です。事務処理能力を図る試験を行い、その後人物評価を行うものです。事務処理能力がなければ面接すら通らないので、試験が重要です。逆に試験さえ通ってしまえば、採用にぐっと近づくことができます。

 一方、多くの民間企業では、「ポテンシャル採用」と呼ばれる採用形式をとっています。これは、企業が採用活動の中で、人材が入社してからどれだけ伸びるか、どのような潜在能力を持っているかを見極め、選考します。そのため、コミュニケーション能力やリーダーシップが重要視されます。学生時代をどう過ごしてきたか、仕事への情熱はどの程度かということがポイントになります。具体的には自己PRや志望動機が重要になります(多分)。

つまり、公務員試験では試験の成績、民間就活ではプレゼンが第一に重要であるといえます。

2、日程について

 公務員試験は毎年ほぼ同じ日程で試験が行われます。5月から7月あたりがピークでしょうか。民間就活は経団連のスケジュールによりけりですが、2017年度は3月に説明会解禁、6月に選考スタートとなっています。公務員試験と民間就活の時期がほぼ丸被りなのです。

 

3、併願できるのか

 

 おそらく、公務員試験を受ける多くの人が考えることですが、これは人によるとしか言いようがありません。大学受験でいうなら公募制推薦やAO入試と、一般入試を同時にやるようなものです。要領がよい人はこなすし、悪い人は破滅します。多分僕がそうなります。僕の大学の就職課曰く、併願している人は多いらしいですが…。

ちなみに、実際の職員の方の7割は公務員試験一本で挑んでいます。ただ、既卒採用が半分以上であるのも事実です。(ある官公庁のパンフレットより)

最後に、公務員試験一本と民間併願のメリット・デメリットを考えました。参考になれば幸いです。

 

公務員一本のメリット

・勉強に時間を割けるため試験に合格する確率が高まる

・しっかり勉強しておけば、他の自治体へ併願できる。

・公務員一本という本気度がある。背水の陣。

公務員一本のデメリット

・試験に不合格だった際、リスクがかなり大きい(秋採用、就職留年、既卒浪人…)。それに伴うプレッシャー

・民間就活者に比べ内定が出るのが遅い

・面接の練習ができない

・選択肢の幅が狭い(併願先が限定される)

民間併願のメリット

・面接の練習ができる

・内定が取れれば、心理的余裕ができる

・選択肢の幅が広がる

民間併願のデメリット

・勉強する時間が減少する。特に直前期での勉強時間減少は致命的

・本気の民間就活に比べ、業界・企業研究に時間を割けない

・民間企業が不採用になった時、心理的ダメージが大きい

・公務員試験の日程と面接の日程が被る可能性がある。

 

以上です!こんなこと書いてる暇があったら勉強しましょう!!!

ひと段落ついたら体験記が書けたらいいなぁと思っております。就活頑張りましょう!

イオンのアルバイト!

 

 私はイオンで二年半ほど学生アルバイトをしております。

働いてみて実際にどうなのか。メリット・デメリットをまとめてみました。

もし、イオンでの学生アルバイトを考えていれば参考にしてください。

(店舗差がある場合があります)

 

続きを読む