備忘録

てきとうに

文章の書き方 その1 主語と述語

文章を書くのは本当ににむずかしい。執筆し指導を受ける度、いつも痛感します。どうすれば分かりやすく、読みやすい文章が書けるようになるのでしょうか。備忘録も兼ね考えていきます。




違和感があった文章にこんなものがありました。
どこがおかしいのでしょうか。



「昔の僕は運動がダメで、太っていたので、ジョギングを日課にしています。」




正解は主語と述語の関係です。
主語が「昔の自分は」、最後の述語が「日課にしています」と時間がずれていることが分かります。
これを「ねじれ文」と呼びます。

正しい主語・述語に直してみましょう。



「昔の僕は運動がダメで太っていました。そのため、今はジョギングを日課にしています。」



述語を分け、それぞれ時制の正しい主語を置くと、読みやすい文章になりました。

長い文章になると、主語と述語が更に複雑になります。文章を見直す時はどこの主語が述語と対応しているのか一つ一つ確認すべきなのではないでしょうか。